Silver Ring

-- スポンサーサイト
  1. スポンサー広告
  2. Comment
  3. Trackback
26 『ダ・ヴィンチ・コード』(ダン・ブラウン)を読んだ。
今、もっとも有名といってもいい作品でしょう。タイタニック然り、アルマゲドン然り、僕はいつも流行の作品を後になって手にするか、手にしないまま終わることが多いんです。これは文庫になってすぐ母が買ってきまして、わりとすぐに読むことができました。 まったく悔しい限りですが、おもしろいです。 僕はもともと、海外の作品が苦手であまり読んできませんでした。あの翻訳文章にどうしても慣れなかったんですよね。小学...
  1. Book
  2. Comment:2
  3. Trackback:0
25 『龍は眠る』(宮部 みゆき)を読んだ。
僕が一番好きな作家の、僕が一番思い入れをもっている小説です。 『火車』『模倣犯』が一番有名になったと思いますが、僕はこの作品が最高傑作だと断言します。 いつか記事を書きたいと思っていて、この度読み直しました。読み直すこと10度目に届かんばかりです。(ちなみに我が家にこの本は2冊あります。読書用と保存用。) 初めてこの本を読んだのはまだ中学生のころだったと思います。小説には携帯電話が登場しません。それ...
  1. Book
  2. Comment:0
  3. Trackback:1
21 ジャケットの写真はどこのもの!?
mixiのコミュニティのトピックを見てびっくりしました。 「ジャケットの撮影された場所はどこだ!!」というトピックで荻窪から中野を撮ったものではないかとおっしゃる方が! もしそうだったら超近い!ってかほぼ地元…。いわれて見ると確かにそんな気がするんですよね。中野サンプラザの形はかなり特殊ですし、中央線の線路の様子と周りの建物の様子がすごく懐かしいというか、身近な感じがするんですよね。 ということで、今度...
  1. 馬場俊英
  2. Comment:0
  3. Trackback:0
14 『人生という名の列車』(馬場 俊英)
馬場俊英さんのニューアルバム『人生という名の列車(初回限定盤)』買ってきましたよ~!(フォーライフミュージックエンタテイメントさんが作成している馬場俊英 オフィシャルウェブサイトの方もご覧になってくださいね。) さて。アルバム聴いてみました。 名盤……! 僕はファン歴長くないですし、馬場さんの曲をまだ全部聴いてきたわけではありません。だからファンの方から怒られちゃうかもしれないですけど…。最高傑作とも言...
  1. 馬場俊英
  2. Comment:9
  3. Trackback:1
12 馬場俊英さんNew Album発売
馬場俊英 オフィシャルウェブサイト / フォーライフミュージックエンタテイメント 『人生という名の列車』 ボーイズ・オン・ザ・ラン~Album version~ 君の中の少年 風の羽衣 STATION 一瞬のトワイライト 今日も君が好き~Album version~ 涙がこぼれそう アイビー 人生という名の列車 遠くで 近くで スタートライン~Album version~ 旅人たちのうた~Album version~ 初回限定版には初のホールライブ(...
  1. 馬場俊英
  2. Comment:0
  3. Trackback:0
10 花冷え
はなびえ 0 【花冷え】 - goo 辞書 いや、なんだこれは。寒すぎる…。 最近「花冷え」という言葉を知りました。美しく、適確ですね。 みなさんも風邪には気をつけてくださいね。...
  1. Note
  2. Comment:0
  3. Trackback:0
10 『半落ち』(横山 秀夫)を読んだ。
妻を殺し、その二日後に自首した警察官、梶聡一郎。事件後の空白の二日間、彼はどこへ行き、何をしていたのか。黙秘を続ける「半落ち」の容疑者と、その謎を解き明かそうとする男たちの物語です。 横山秀夫さんの本を読んだのはこれで2作目になりました。 30万部突破(帯より)、2003年度「このミス」第1位、そして映画化されただけあります。純粋におもしろい作品だと思いました。 僕は、『空白の二日間』の謎が明かされるラ...
  1. Book
  2. Comment:0
  3. Trackback:0
08 命日。
今日は父の命日でした。 桜が咲く季節は、だから、ちょっと苦手です。 埼玉にある森林公園駅まで行ってきました。記憶にあるよりそんなに遠い場所じゃなかったです。電車が少ないので、車があったら便利な距離。 当時僕は10歳だったと思うので、今年で10年目になるのかな、と思います。 記憶が曖昧なほど昔のことだし、思い出す機会も多くなくなりました。 それでいいんだと今では思ってます。 僕たちはそれでも...
  1. ひとりごと
  2. Comment:0
  3. Trackback:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。